犬種の特徴は、
血統書発行団体の規定に沿った内容です。

毛色等はその種に認められた規定になります。
体高、体重などは基本的なサイズとして規定に近いほどスタンダードに近いと言えますが、
近年の平均的なサイズを表しているものではありません。

家庭で飼われている犬・猫のサイズが、
規定より大きすぎる場合や、又は、小さすぎる場合、
それが健康に大きく影響を与えるものではありません。

犬のサイズに関係なく、健康管理は飼われる方の、
日頃から愛情持って接することで、体調の変化などに、
素早く気づき、対応していただくことが、何よりも重要です。


 

「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」より(最終更新 2011年10月16日 (日) 02:21

Tibetansk spaniel チベタン・スパニエル特徴

チベタン・スパニエル(英語:Tibetan Spaniel)は、チベット原産の愛玩犬種のひとつである。別名はチベタン・プレイヤー・ドッグ(英:Tibetan Prayer Dog)、イェムツェ・アプソ(英:Jemtse Apso)。英語圏での愛称はティビー(英:Tibbie)。
尚、名前に「スパニエル」とつくが、実際にはスパニエル犬種ではない。

歴史 :


紀元前から存在する古い犬種で、紀元前1100年ごろに作られた中国の銅像にもその姿が描かれている。チベットの寺院で何千年にもわたって大切に飼育され続けてきた犬種で、通常は門外不出だが時に国王などへの献上品として遣われることもあった。詳しい生い立ちは不詳であるが、ペキニーズやブータン原産のダムチなどとは血統が非常に近いといわれている。尚、中国原産の愛玩犬種の多くはマズルが潰れているが、原因やルーツは全く分かっていない。
王族には愛玩犬として寵愛を受けていたが、寺院では愛玩犬としてだけでなく、特別な役割を担っていた。チベットの寺院にある、経文の書かれたマニ車を回すのがその仕事で、この使役を持つ犬のことを通称で勤行犬(ごんぎょういぬ)という。経文の書かれたマニ車を回すのは多くの功徳を得ることが出来ると信じられているためである。一周回すことで一回経文を唱えたのと同じ功徳が得られるといわれており、人と犬とで沢山回すことでより多くの功徳を得るために行われている。
1898年にヨーロッパで初紹介され、初めて寺院から王族以外の人の手に渡った。後にFCIに公認犬種として登録され、世界的な人気を得るまでにいたった。しかし、近年は他の犬種に押されて人気が薄れている。日本でもそのことは例外ではないが、愛好家は居りブリーディングや販売も行われている。中々見かけることのできない犬種ではあるが、毎年国内で子犬が誕生していて、2009年度の国内登録頭数は173頭、順位は142種類中57位であった[1]。
特徴 :

顔には若干だがしわがある。マズルは細く短めで、脚もやや短めである。胸は広く、首や耳、尾の飾り毛は豊かである。耳は垂れ耳、尾はふさふさした巻き尾。コートは柔らかいロングコートで、毛色はサンディ、ハニー、ミルク、トライカラーなどがある。体高24〜28cm、体重4〜7kgの小型犬で、性格は忠実で優しく愛情深いが、マイペースで頑固、プライドが高く人見知りが激しい一面もある。しつけの飲み込みや状況判断力は他犬種の平均に比べて劣り、根気強いしつけが必要となる。ただし運動量は少なく、マンションなどの限られたスペースでも飼育は可能である。かかりやすい病気は心疾患、水頭症、熱中症や緑内障などがある。


ご存知ですね?

飼育者は飼育者としての責任、義務が条例化されています。
東京都動物の保護及び管理に関する条例 (抜粋)

(動物飼養の基本事項)
第7条 飼い主は、その飼養する動物について、次の各号に掲げる次項を守り、動物を適正に飼養するよう努めなければならない。

1 適正にえさ及び水を与えること。
2 適正に飼養できる施設を設けること。
3 汚物及び汚水を適正に処理し、施設内の内外を常に清潔にすること。
4 公共の場所並びに他人の土地及び物件を不潔にし、又は損傷させないこと。
5 異常な鳴き声、体臭、羽毛等により人に迷惑をかけないこと。
6 逸走した場合は、自ら捜索し、収容すること
仔犬選びは、これからワンちゃんと長い間暮らしていく上で、 重要なポイントです。
あなたは、
仔犬を選ぶことは出来ますが、仔犬はあなたを選ぶことは出来ません。
お互いが幸せな生活を送れますよう、
以下のステップを踏んで選んで行きましょう。

・成犬時の大きさは?
・初心者向きか?
・性格は、穏やかか?
・運動や手入れの手間は?
・躾しやすいか?
・犬を飼っても良い環境か?
・室内・室外どっちで飼うのか?
・近くに運動できる場所はあるか?
・誰が世話をするのか?(散歩をする人は?)
・性別は?(気性・しつけのしやすさ・出産させるのか?)
・血統書付きか、MIX犬か?
・ペット用、ショー用?
・短毛、長毛?
・1頭で飼うのか?多等飼いか?
・食費→約¥2000/月(小型犬)、約¥6000/月(大型犬)
・生活用品→約¥30000(ハウス、ブラシ、食器、首輪、リード、トイレ用品)
・美容衛生代→ブラシ、コーム、シャンプーなど、約¥3000/回
・トリミング→約¥4500/回
その他に狂犬病の予防接種(年1回、¥3000)、伝染病の予防接種(2回、10000円/回)
フィラリア予防薬(4~11月の間、毎月1回、¥2000)などの医療費やレジャー、旅行時のペットホテル利用料金、運搬料金、交配・出産時の費用などが発生。
・できれば、見学させてもらう(通販なら写真やインターネット、詳細を聞いて)
・適性価格か?(安ければ何かがあると思うべき)
・売り主は信頼できるか? 犬に愛情を持っているか?
・かわいいからといって衝動買いはしない
・万一の時の保証は大丈夫か?
・伝染病予防のワクチンは済んでいるのか? 購入後にするのか?
・子犬受取日はいつになるのか?血統書の受取時期はいつになるのか?

!!家族を迎える準備はできましたか?